記事一覧

老人ホーム運営会社に厚労省立ち入りへ 豊中入居者虐待

2015.09.16

大阪府豊中市の介護付き老人ホーム「アミーユ豊中穂積」で男性職員が女性入居者に虐待をしていた問題で、厚生労働省は15日、この施設の運営会社「メッ セージ」(岡山市)に対し、今月中に立ち入り検査する方針を明らかにした。同社の子会社は、入居者3人が相次いでベランダから転落死した川崎市幸区の老人 ホームを運営している。

 検査は介護保険法に基づき、人員配置やどのような研修をしているかといった業務指導管理の体制を検査する。豊中 市の施設に対しては、豊中市が14日に6カ月間の新規受け入れ停止処分を出した。川崎市幸区の老人ホームでは、転落死した入居者とは別の入居者の家族が 「虐待を受けた」と訴え、川崎市が6~7月に監査をしている。

 厚労省は先週、メッセージグループが運営する有料老人ホームとサービス付き高齢者住宅307カ所がある7自治体に対し、過去に虐待などの問題があったかどうか調査を要請した。(小泉浩樹)